Menu

bioeXile®バイオフィルム分散剤

このアイテムを評価する
(0 votes)

バイオフィルムとは、水中を漂う浮遊バクテリアが配管等の表面にくっつき、表面にいる固着バクテリア同士から発生した複合体のことです。バクテリアはポリマー状の保護コーティングに覆われており、スライムと呼ばれることもあります。バイオフィルムは一度発生してしまうとバクテリア増殖を抑制することが難しく、深刻なトラブルを引き起こします。バイオフィルムを形成する分子はカルシウムブリッジでと呼ばれるロック機構で結合しており、バクテリア抑制剤を高濃度で投入してもこの結合を破壊するは困難です。

 

バイオフィルムが発生してしまった場合、直面する問題は: 

  • 腐食ダメージ-バクテリアの代謝産物として発生する酸は、微生物起因腐食(MIC)を引き起こし、設備寿命を急速に短くします。
  • 有害な水媒性病原体-レジオネラ菌等、人体に有害な影響を及ぼす病原体はバイオフィルム内で増殖します。
  • エネルギーコストの増加-バイオフィルムはカルシウムスケールの4倍熱を通しにくいため、熱交換効率も1/4になります。

bioeXileはカルシウムブリッジによるロック機構を解除することによりバイオフィルムを破壊し、バクテリア抑制剤が効果的に作用できるようになります。バクテリア抑制剤のみもしくはbioeXileのみで使用するより、この2つを組み合わせて使用した方がより効果的にバイオフィルムを除去することができます。bioeXileはバイオフィルムを形成し続けることを困難にする作用もあり、さらにはバイオフィルムの再形成も阻害します。

Did you know...

bioeXileは、バクテリア抑制剤単独使用より1250倍バイオフィルムを破壊する効果があり、分散剤とバクテリア抑制剤の組み合わせより278倍の効果的に破壊できます。

bioeXileの使用について

453グラム1袋となっており、この袋は水溶性でそのまま投入できます。

また下記のような場合に使用して下さい。 

  • 定期的に投入しているバクテリア抑制剤をより効果的にしたい時
  • 洗浄もしくは設備の休止のような設備運転停止前に
  • バイオフィルムによる問題が発生した際に

NCH ケムアクアのbioeXileがどのようにバイオフィルムの問題を解決するのか、是非私達にご連絡ください

 

お問い合わせ先

当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

お問い合わせ先