Menu

フリーフロー

このアイテムを評価する
(0 votes)

フリーフローはポンプアウト、高圧洗浄、ハイドロジェットを最大50%減少

溶剤や酵素を含まない製品とは異なり、フリーフローはFOGを消化して取り除きます。BOD、COD、TSS、アンモニアを減らし、臭いを排除します。

従来の処理法では、ほとんどのバクテリアは活性化される前に事前処理システムを介して洗い流されてしまいます。フリーフローバクテリアは生きたバクテリアで、排水流や排水管システムの中に入った瞬間、餌を食べ増殖しはじめます。

フリーフロー

  • 最も近い値を示す競合社製品の1000倍のバクテリア
  • 30~500兆の生きた活性フリーフローバクテリアがバイオアンプシステムを通して毎日排水管に投与されます。
  • フリーフローバクテリアはバイオアンプの成長サイクルの間に活性化し、生きたバクテリアが排水流や排水管システムに入れるようになります。これらの生きたバクテリアはただちに配管詰まりや腐敗臭の退治に取り掛かります。
  • フリーフローは公共排水処理施設を通過するFOGの量を減少させ、BOD、COD、TSS、アンモニアの減少、下水道料金や罰金の減少につながります。
  • フリーフローは米国衛生基金(NSF)のL2承認を受けており、食品加工エリア内およびその周辺での微生物/酵素による排水管・下水処理に使用することが認められています。

フリーフローHC

  • 石油炭化水素と非石油系有機廃棄物を分解
  • 様々な環境条件で効果を発揮
  • フリーフローHCには、石油炭化水素と非石油系有機廃棄物を分解する様々な微生物が含まれています。
  • ガスクロマトグラフィー分析により、これらの石油を分解する菌株は、ガソリン、油、ディーゼル、BTEX(ベンゼン、トルエン、エチルベンゼン、キシレン)などの炭化水素製品を代謝することが確認されています。
  • フリーフローHC中のバクテリア培養は炭化水素で汚染された土壌の浄化にも効果的です。土壌を浄化する際は、散布するか汚染された土壌を耕してその中に混ぜます。

バイオロジカル ドレイン剤

最大限の保持、消化、洗浄効果を得るために排水管の表面に塗布

グリーストラップ、排水管、浄化槽、下水処理システムの保全向けの高度な生物学的濃縮剤

このバイオロジカル ドレイン剤は、手動の洗浄、ハイドロジェット、グリーストラップ内の廃棄物の量を減少させ、同時にポンプを使って排水する必要性を減少させます。

  • FOGや有機廃棄物を消化して排水管システムを清潔に保ち、バックアップを防ぎます。
  • 好気性菌と嫌気性菌の両方を含みます。遊離型酵素は含みません。
  • 溶剤維持剤、酸性および苛性排水管洗浄剤などの製品の必要性を減らします。

バイオロジカル ドレイン剤に含まれているバチルス菌株が、有機物を公共下水道に移動させるだけなく、有機物を消化して減少させます。すべてのバチルス菌株 は、遺伝子操作、組み換えされておらず、遺伝子工学によって生み出されていない自然発生の土壌中のバクテリアです。

当社のバイオロジカル ドレイン剤はすべての液体状製品で胞子が浮遊した状態を保つために濃厚製剤を使用しており、バイオアンプと組み合わせて排水横管の保全にも使用できます。腐敗臭を取り除き公共機関から課される罰金の削減に役立ちます。

お問い合わせ先

当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

お問い合わせ先

;