Menu

ハンドケア

    このアイテムを評価する
    (0 votes)

    sanitation

    安全な食品環境における製造にとって、工場の洗浄や消毒と同様、作業員の衛生管理も欠かせない要素のひとつです。

    作業員の衛生管理はGMP規制に準拠する工場SSOP(衛生標準作業手順)の一部にも定められています。食品取扱業者は安全な食品製造を保証するために以下を実施しなければなりません。

    1. 手洗いの実践
    2. 自分自身を清潔に保つ
    3. 健康を維持する
    4. 病気を報告する
    5. 清潔で適切な衣服を着用する
    6. 職場での非衛生的な習慣を避ける

    不適切な手洗いは二次汚染の原因となる場合があり、食品媒介の病気の流行をもたらしかねないため、手洗いは食品加工において非常に重要です。手洗いは食品媒介性感染を減少させ、これらの病気の原因となる糞口経路を断ち切るうえで最善の方法です。

    食品取扱業者はいつ手を洗う必要がありますか?

    • トイレの使用後
    • 生の食品を取り扱う前後
    • 顔や身体に触れた後
    • くしゃみや咳をした後
    • 飲食・喫煙後
    • 洗浄・消毒用の化学薬品を使用した後
    • 生ごみやその他のごみを出した後
    • テーブルを片づけたり汚れた食器を洗った後
    • 汚れたエプロンや付近に触った後
    • 非衛生的な 設備、作業面、洗浄用付近など汚染の可能性のあるものに触れた後


    手の消毒液は肌表面の微生物数を減らすために使用する特別な液体です。手を洗った後に使うことができますが、正しい手洗いをする代わりに消毒液を使うことはできません。

     

    お問い合わせ先

    当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

    お問い合わせ先