Menu

H.A.C.C.P.

このアイテムを評価する
(0 votes)

H.A.C.C.P.とは? (Hazard Analysis Critical Control Point:危害要因分析に基づく必須管理点)

FS Hazards

H.A.C.C.P. - 「食品準備プロセスにおいて危害要因となる可能性のあるものすべてを特定・監視・修正する」文書化された食品安全システムです。

  • 本システムは、食品安全に対する体系的かつ予防的な世界的に認識されたアプローチで、
  • 食品の安全性に有害を与える可能性のある食品が媒介する危害要因を特定・監視するシステムです。
  • 食品供給チェーンと製造プロセスを微生物、化学物質、その他の物理的危害要因から守るために使用される管理ツールです。
  • このシステムはプロセスが管理下にあることを保証するために継続的な取り組みの重要性を強調しています。
  • 危害要因を管理するのは予防的なアプローチです。
  • これは、単一のプログラムではなく、より大規模な管理プログラムの一部です。

HACCPの実践は前提条件プログラム(PRP)への遵守によって行われます。

HACCPについての理解  

安全な食品製造にはHACCP計画と 食料品店、食品サービスオペレーションが必要です。この計画は会社と監査人がプロセスにおける問題を発見し、どのように対処できるかを考えられるようにします。従業員がHACCPプロセスについて情報を得ていること、安全な食品生産においていかに各自が その一端を担っているかを理解していることが重要です。 

NCH Food Safetyは、企業が独自のHACCPマニュアルを作成するうえでの前提条件プログラムの一環として、当社の洗浄用化学薬品を使用し、設備を提供することによって、食品安全法を遵守し、安全な食品製造のためのHACCP原則を採用するためのトレーニングを食品製造会社に提供します。 

HAACP

H.A.C.C.P.の由来

1960年代  
ピルスビリー・カンパニー、アメリカ合衆国陸軍ナクティック研究所、アメリカ航空宇宙局(NASA)が宇宙計画において宇宙航空士のための安全な食品の製造を確保できるシステムを開発。

1971
ピルスビリー・カンパニーがNational Conference of Food ProtectionでHACCPシステムの概要を公表。ピルスビリー・カンパニーがNational Conference of Food ProtectionでHACCPシステムの概要を公表。

1973 
USFDAの低酸性缶詰食品の規制にHACCP原則が導入される。

1985
米国科学アカデミー(NAS)がHACCPの取り組みを推奨し、食品加工業者に義務付ける。

1988 
USDAと米国保健社会福祉省(HHS)が食品微生物基準全米諮問委員会(National Advisory Committee on Microbiological Criteria for Foods:NACMCF)を設立。

1993 
国際食品規格委員会第20回総会において「HACCP適用のガイドライン」を採択。EU規則 93/43 EEUは、このシステムを食品製造に使用することを定めています。

1997 
HACCPシステムおよび適用のガイドラインは「Revised Recommended International Code of Practices – General Principles of Food Hygiene (CAC/RCP 1-1969, Rev. 3 (1997)」の別紙に含まれています。

お問い合わせ先

当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

お問い合わせ先