Menu

殺菌剤&消毒

    このアイテムを評価する
    (0 votes)

    Food Processing 1食品製造会社が適正製造基準(GMP)に従っていることを確認するため、衛生標準作業手順(SSOP)の導入が義務付けられおり、これは一般的に製品と接触する表面および製品以外に接触する表面の適切な洗浄を確認するために従わなければならない文書化された手順です。これらの洗浄手順は製品の粗悪化が発生しないよう十分に詳細なものでなければなりません。

    食品のために安全な環境を整えるために、食品製造工場は洗浄剤、消毒剤、洗浄手順などを使った洗浄手順を導入しています。洗浄手順は壁、床、設備の消毒などの単純なものから、定置洗浄(Clean in Place:CIP)、分解洗浄(Clean Outside Place:COP)など複雑なものまであります。

    食品と接触する表面は使用するたびに洗浄・消毒しなければなりません。また、別のタイプの食品で作業を始める際、作業を中断した際、食品を継続的に使用している場合は4時間ごとに洗浄しなければなりません。

    洗浄とは食品および他のタイプの汚れを作業面から取り除く手順です。

    消毒とは作業面から微生物数を安全なレベルまで減少させることです。

    CIPとは設備を分解せずに機器、容器、配管を化学物質、熱、水を使って洗浄することを指します。これは主に汚れの除去と作業面の消毒について定めています。汚れとは清潔な容器に存在してはならないものすべてを指します。汚れは汚染の原因となることがあり、しばしば腐敗臭を引き起こします。目に見える(スケール、異物)こともあれば、サルモネラ菌や大腸菌、イースト菌、胞子などのバクテリアのかたちで目に見えないこともああります。

    この手順は1回限りで行うことも(排水管にすべてが流れる)、回収型(ほとんどの液体を回収)で行うこともできます。CIPは非常に効率的な洗浄法となりえます。

     

    More in this category:Drain Maintenance »

    お問い合わせ先

    当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

    お問い合わせ先