Menu

食品安全プログラム(日本では一部製品のみ対応)

食品安全は、食品が媒介する病気を防ぐ方法での食品の取り扱い、調理、保管を定めた科学的な規律です。ここでは、深刻な健康への危険の可能性を回避するために従わなければならない一定の作業がいくつか定められています。

食品安全に関わる企業には適正製造基準(GMP)を遵守することが求められます。これは製品の質が意図される用途にふさわしいものであることを保証するために製品が一貫して製造、包装、再包装、保管されることを目的とした品質保証システムです。GMPは製造と品質管理手順の両方について定められています。

食品製造会社がGMPに従っていることを確認するため、衛生標準作業手順(SSOP)の導入が義務付けられおり、これは一般的に製品と接触する表面および製品以外と接触する表面の適切な洗浄を確認するために従わなければならない文書化された手順です。これらの洗浄手順は製品の粗悪化が発生しないよう十分に詳細なものでなければなりません。

SSOPはマスター衛生計画と業務前検査プログラムと合わせて食品関連工程のための完全な衛生業務ガイドラインとなっています。これはあらゆる食品業界のHACCP(Hazard Analysis Critical Control Point:危害要因分析に基づく必須管理点)計画の主な骨格をなしています。

NCH 食品安全プログラム

NCH 食品安全プログラムは環境に責任をもった製品、食品安全法規を満たすGMP準拠設備を提供することにより食品製造会社がこれらの規制を遵守できるよう支援し、作業員の衛生手順についてもサポートします。

NCH 食品安全プログラムは、お客様が安全な食品の製造において重要な食品製造施設および設備を正しく洗浄・消毒できるよう支援し、作業員の衛生手順についてもサポートします。

NCH 食品安全プログラムは食品製造会社が食品安全上の危険を管理するうえでの必須プログラムの策定・実施・維持を支援します。

 

お問い合わせ先

当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

お問い合わせ先