Menu

養豚場の廃水

このアイテムを評価する
(0 votes)

現在の問題

現在、養豚場は生物学的酸素要求量(BOD)、化学的酸素要求量(COD)、総懸濁固体量(TSS)、腐敗臭、大量のスラッジ、強い悪臭、スカム形成、 廃水の滞留時間が短いといった問題があります。これらの問題のため、養豚場はより 頻繁に排水施設から排水をポンプでくみ上げ浄水しなければならず、エネルギーと保全コストがかさんでいます。これらの問題は環境危害をもたらし、CODやBODが高いことにより罰金が課されたり、全体的に養豚場にとって芳しくない評判をもたらします。

problem wastewater

プロセス

NCH Probiotic SystemTMは、養豚場の既存の水冷システムを使って排水処理施設のインフラを徹底的に洗浄します。これがBOD、COD、TSS、スラッジの量、悪臭の解消に役立ちます。また、廃水の保管時間が短く、設備へのスカム形成が減少します。

wastewatertreatment

ケーススタディ

問題 : 2,000以上の豚を飼育する韓国の養豚施設は、自社内に排水工場を設けており、腐敗臭、過度に蓄積したスカム、高いBOD値、高額の保全、電気、化学物質コストに悩んでいました。

利用方法 : ハードウェアが最初のエアレーションタンクとしっかりとした収集ピット上に配置されました。

結果 :当初は50~60㎝の厚さのスカムがあり、非常に強い腐敗臭ガスがありました。生物学的システムの使用により、15日後には50%のスカムが排除され、25日後にはすべてのスカムが取り除かれ、ごく弱い臭いが残るのみとなりました。BOD値は136ppmから50ppmと劇的に低下しました。

bodbeforeaftertreatment

優れている点

  • NCH Probiotic SystemTMは数兆個の生きた活性化バクテリアを毎日生産し、これらは排水システムに入ったとたんに行動を開始します。
  • NCH Probiotic SystemTMは完全に自動化され、プログラム可能かつ自己充足型の手間のかからないシステムです
  • NCH Probiotic SystemTMはあらゆる既存の廃水処理設備と統合できます
    • 資本投資や工場の拡大は必要ありません
    • 環境に有害な化学薬品を大量に使用する必要がありません
    • 高価な機械システムの必要がありません
More in this category: « 豚の養育環境

お問い合わせ先

当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

お問い合わせ先

;