Menu

豚の養育環境

このアイテムを評価する
(0 votes)

現在の問題

現在、養豚場は腐敗臭、アンモニア、硫化水素、大量のハエ、大量の堆肥について継続的な問題を抱えています。こうした問題のため、家畜にかかるストレスが増大し、養豚場の作業員は不快で非衛生的な労働環境を強いられています。このような状況に対しては罰金を課される可能性があり、地域からの苦情や悪評を得ることにもなりかねません。

problem env

当社のプロセス

NCH Probiotic SystemTMは、養豚場の既存の水冷システムを使って施設のインフラを洗浄します。このシステムは消化プロセスをただちに開始することにより、豚の堆肥の分解を向上させ、洗浄時間を短縮し、水と人件費を削減します。

養豚場の既存のスプリンクラーを使用できることからもいくつかの利点があります。硫化水素とアンモニアのレベルを下げ、これによって腐敗臭を抑えます。ハエを引き付ける可能性のある非衛生的な状況を抑えることで、ストレスの少ない環境を促進します。

ケーススタディ

会社/問題 :
それぞれ1000頭の豚を養う同じ納屋2つでは、廃棄物を家畜小屋の下に保管し(102 x 508 x 25㎝)、高容量のアンモニアと硫化水素が記録されました。

使用方法 :
ひとつの家畜小屋には毎日バイオ製品を使い、もうひとつの家畜小屋は比較のため何も対応策を講じませんでした。

結果 :
6週間対策を講じた家畜小屋ではアンモニアと硫化水素のレベルが90%減少。

img env casestudy bars

優れている点 vs. 代替策

  • 完全にプログラム化が可能で、自己充足型、ハンズフリー操作、毎日24時間稼働
  • 機械的、物理的、化学的害虫管理オプションを補足可能
  • 人件費を削減可能

お問い合わせ先

当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

お問い合わせ先