Menu

プロバイオティクス 101

このアイテムを評価する
(0 votes)

Bacteria

プロバイオティクスは胃腸の中にある乳酸菌やバシラス属のバクテリアから形成される芽胞など一般にフリーズドライされた生きたバクテリアで構成されています。

乳酸菌 - 胃腸のなかで自然に増殖するバクテリアと同じで乳酸を作り病原菌を阻止します。

  • 芽胞を形成しないため保管、培養、輸送が難しいバクテリアです。植物状態で使用しなければなりません。

  • 湿気や栄養素に曝されると家畜に使用する前に細胞が劣化しはじめます

  • 最適なCFU/Kg投与量を得るためには大量に使用する必要があります。


バシラス属
- 胃腸内に自然に存在するのと同じバクテリア

  • 熱、寒さ、高pHまたは低pH、水分や栄養素の不足、化学物質などの厳しい条件下でも安定した芽胞を形成します。

  • 芽胞は化学信号によって活性化されるまで休眠状態にとどまり、その後増殖して分裂をはじめます。

乳酸菌もバシラス属も競争的排除によって病原菌と食べ物を求めて競合します。

増殖性バクテリア vs. 芽胞バクテリア

芽胞バクテリアは休眠状態にあり、熱、寒さ、高pHまたは低pH、化学物質に対して耐性があります。増殖性バクテリアは生きており増殖過程にあります。これは熱、寒さ、pH、化学物質、食べ物や水の不足に弱いことを意味します。

腸内におけるプロバイオティクスの働き

プロバイオティクスはバクテリアの活動が自然に発生する動物の腸内、中でも結腸内で最も効力を発揮します。

抗生物質を使った治療は病原菌を殺すことができますが、腸内の健康なバクテリアも殺してしまう場合があります。プロバイオティクスは腸にバクテリアを取り戻し、新たな病原菌がコロニーを形成するのを阻止します。

プロバイオティクスは健康なバクテリアが自然に増殖するのを助ける「補強材」です。

これらは腸壁の表面をコーティングして保護する、吸収するために栄養素を分解するなどたくさんの同じ機能を持っています。

外部からバクテリアを投入することで家畜の免疫系を刺激し、病原菌に対してより素早く反応できるよう援助します。 

フリーフローProbioticTM

プロバイオティクス水質管理システムは特別に考案されたプロバイオティクスを使用します

  • 生きた増殖期の状態で投与され、ただちに活動を始めるバシルス属の混合剤を含みます。
  • 飼料ではなく飲料水を介して投与
  • バシルス属は現場で大量に増殖させるため、大規模な農場においても毎日の投与が経済的に行えます
  • フリーフローは既存の水道システムに組み込まれ、プロセスを修正する必要がほとんどないか全く必要ありません
More in this category: « 苗床業者

お問い合わせ先

当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

お問い合わせ先