Menu

養鶏場の環境

    このアイテムを評価する
    (0 votes)

    shutterstock 335206346 1

    現在の問題

    現在、養鶏場は腐敗臭、アンモニア、硫化水素、ハエの大量発生、家畜小屋内の大量の糞便といった問題を継続的に抱えています。これらの問題のため、病気の流行や鶏の呼吸器官へのストレス、不快で非衛生的な労働環境というリスクが高まっています。このような状況に対しては罰金を課される可能性があり、地域からの苦情や悪評を得ることにもなりかねません。

    当社のプロセス

    藁に散布する際は、プロバイオティクス剤を希釈したものを軽く散布できます。鶏の呼吸器官に害を与えずにバクテリアが糞便を消化します。プロバイオティクス剤の局部的な散布には、いくつかの利点があります。例えば、硫化水素とアンモニアのレベルを減少させ、これによって腐敗臭を抑えることができます。ハエを引き付ける可能性のある非衛生的な状況を減らすことで、 ストレスの少ない環境を促進します。

    優れている点 vs. 代替策

    • 完全にプログラム化が可能で、自己充足型、ハンズフリー操作、毎日24時間稼働
    • 機械的、物理的、化学的害虫管理オプションを補足可能
    • 人件費を削減可能
    More in this category:« 鶏の健康状態

    お問い合わせ先

    当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

    お問い合わせ先