Menu

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違い

ディーゼルエンジンはルドルフ・ディーゼルがドイツで技術工科学校に通っている際に発明されました。ルドルフはガソリンと蒸気エンジンがいかに非効率的であるかに驚きました。ディーゼルエンジンの設計は1892年に特許を取得しています。

ディーゼルエンジンもガソリンエンジンも燃料の化学的エネルギーを一連の爆発によって、メカニカルエネルギーに転換させます。これらの爆発が起こる方法がこの2つのエンジンの大きな違いです。

ガソリンエンジンの燃焼行程:

  1. 吸入行程 – 燃料が空気と混合
  2. 圧縮行程 – ピストンが上昇し、燃料と空気の混合物が圧縮
  3. 燃焼行程 – 燃料と空気の混合物が点火プラグを使用することにより発火
  4. 排気行程 – ピストンが上がり、排気バルブから排気を押し出す

ディーゼルエンジンの燃焼行程:

  1. 吸入行程 – 吸入バルブが開き空気を吸い込みピストンが下がる。
  2. 圧縮行程 –ピストンが上がり空気が圧縮される(540℃以上で加熱)
  3. 膨張行程 – 燃料が噴射され(適時)、自己発火し、ピストンが下がる
  4. 排気行程 – ピストンが上がり、排気バルブから排気を外に押し出す

diesel-petrol-engines

ディーゼルエンジンには点火プラグがありません。ディーゼルエンジンは燃料が自動発火するために必要な高温を生み出すために高い圧縮率を必要とします(セタン価が高いほど、発火しやすくなります)。

ディーゼルエンジンの圧縮度(14:1 から 25:1)はガソリンエンジンの圧縮度(8:1 から 12:1)よりもずっと高くなります。ガソリンエンジンは比較的低い圧縮率を使用して、燃料の自動発火をふせぎます(エンジンノック)。圧縮率が高いほど、熱効率が高くなり燃費が良くなります。

その他には?

ディーゼル燃料の一般的な問題について読む

ディーゼル燃料の添加剤およびディーゼル燃料添加剤の供給システムは総合的な燃料品質プログラムに欠かせません。

お問い合わせ先

当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

お問い合わせ先