Menu

ディーゼルエンジンの構成・部品

ディーゼルエンジンの構成・部品にはポンプ、メカニカルポンプ、高圧ポンプ、コモンレールなどが含まれます。

ポンプ

ディーゼル燃料はタンクからポンプを使って供給されます。電子燃料噴射装置が広く採用されるようになる前は、ほとんどのエンジンがメカニカル燃料ポンプを使用していました。


メカニカルポンプ

  • 最大のポンプ圧力は200bar
  • メカニカル噴射装置はサイクルごとに1回開閉
  • ポンプ圧力はバー単位で測定:
    • Glock 9mm – 2520bar
    • oメカニカルポンプ – 200bar
    • 高圧ポンプ – 1800bar


高圧ポンプ

  • 最大のポンプ圧力は1800bar(コモンレール)
  • 電子燃料噴射装置(噴射装置1つにつき最大7つの穴)
  • 噴射装置はサイクルごとに最大5回まで開閉
  • プレ(ノイズを減少)&ポスト(標準ディーゼル微粒子捕集フィルターの再生のために排出ガスの温度を上げる)の噴射が可能


コモンレール

コモンレールはディーゼルエンジン上の燃料噴射システムで、ひとつのライン(またはレール)が燃料を一定の圧力に保ち、そこからそれぞれの燃料噴射器につながる供給ラインがつながっています。

お問い合わせ先

当社の一員になり一緒に働きませんか? 採用情報のページをご覧いただき、NCHアジアにおいての最新求人情報をご確認ください。

お問い合わせ先